メガネやサングラスを丁寧に取り扱いしていますか?

壊れた。パーツが取れた。パーツが外れた。
メガネ、サングラスにはこういう事が必ずついてまわります。

経験がある方も多いと思います。

これ商品が悪いんでしょうか?

お店の責任なんでしょうか?

もちろん初期不良の場合なら、メーカーが責任をもって商品交換をしてくれます。
当店の場合そうです。

当店では、粗悪な商品を販売しているとは思いません。
コピー商品なんてありませんからね(笑)

いくら丈夫だと言っても、絶対に壊れない物なんてありません。
ましてメガネやサングラスは顔にかける道具です。
丈夫にしたいからと、重たすぎてかけれない様な商品にはできませんよね。

部品も絶対に取れないなんて事はありません。
取り付けた物なんですから、外れてしまう場合もあります。

僕も道具をいろいろ使います。
幸いメガネに関しては扱いはプロだと思っています。
それでも、傷をフレームにいれたり、レンズに傷がはいったりしたこともあります。

はい。

では、今日は店長何が言いたいのでしょうか?

皆さんの道具の使い方です。

車の中に放置してるサングラスありませんか?
もう6月にもなったら、駐車してる車内温度はメガネやサングラスにはレッドゾーンです。
アセテート、樹脂、ラバー、まぁ痛みます。

レンズもプラスチックですから、焼けたり、歪んだり、割れたりしますよ。

片手でかけはずし、はずしたら投げたり、どこでも置いたりしてませんか?
投げて置くなんてもってのほか!
片手でかけはずしするのもフレームが歪みますよ!

どこでも置いてると、踏まれたり、蹴られたり、物を上から置かれたり、なんて事も考えられます。

修理やパーツの交換をすれば直せる場合もありますが、皆さんが思ってるような金額で直らない場合が多いです。
眼鏡店はボランティアではありません。
なんでもかんでもサービスという無料が好きな業界ではありますが、僕の考え方は時代の流れとともに変わっていっております。
修理を受け付けるにしても、有料にする以上は、それなりの仕事をしないといけないという事。
喜んでもらわないとね!
まぁ、分かってもらえる人もいれば、全く理解いただけない人もいらっしゃるのも事実ですよね。

考え方なんて皆さん違うわけですから。
すべての方を満足させられるとは思っていませんからー!

というわけで、メガネやサングラスは丈夫といってもデリケートな道具です!
視力矯正や見え方を補助してくれる道具です。

大事に取り扱いしてくださいね。
あっ、これが言いたかっただけです(笑)

The following two tabs change content below.

原田 敏和

メガネランドハラダ代表 シーンに合わせたメガネ選びアドバイザー 地元の北条高等学校卒業後、日本眼鏡技術専門学校へ。 卒業後3年間の修行期間を経て、家業のメガネランドハラダへ。 愛称はとっさん。