メガネフレームに値上げの波がきています。

昨年は消費税が8%になりました。
まだ僕が生存してる間にあがる事はあっても、下がる事はないだろうって思ってます。

来月からフレームの価格改定で値上がりするフレームもあります。
理由は急激な円安って事ですが、急激な円高になれば価格が下がるかと言えば下がりません。
あげたら、あげたまんまなんですけどね。

こればっかりは、メーカーさんの都合でもあり社会情勢のことなので受け入れるしかありません。

春先にも価格改定で値上がりするんじゃないかなって動きのメーカーもあります。

今の品質を維持したいからの値上げであれば、皆さん仕方が無いと思われますか?
企業努力でなんとかしろって思いますか?

僕は、値上げする明確な理由があれば受け入れます。

どうしてか?

今の価格を維持するなら品質をさげて価格を維持するしかないからです。
安くしようと思えば、どこかにシワ寄せがいきます。その値段で販売することが出来る商品にするしかないという事です。

もう企業努力がどうこうって言われてもね、うさんくさいんですよ。

努力してて当たり前じゃないかなって思ってますから。
努力してない企業や店舗だったら、今からの時代どうなるかは分かり切ってます。

値上げにある商品は、現状の品質には満足しています。
お客様の評価もいいです。
その品質を維持する為の値上げであれば受け入れるということです。

しっかりした商品には、しっかりした価格になります。
そんな事は消費者の皆さまは十分ご理解されてることです。

値上げになっても消費者の皆さまが納得していただける商品を製造してもらえればいい。

お客様が選びたくなるようなフレームを発売してくれれば僕はそれでいいと思います。
その良さを伝えるのは僕ら小売店。だけど、メーカーはメーカーが出来る伝え方をしてもらわないと困りますけどね。

今年も、商品構成や取引内容等々、当店の環境は変更していかなければならない部分はあるでしょう。
だって、時は流れてるんですから。

4月頃には、変更しなければいけない部分がでてきそうです。

The following two tabs change content below.

原田 敏和

メガネランドハラダ代表 シーンに合わせたメガネ選びアドバイザー 地元の北条高等学校卒業後、日本眼鏡技術専門学校へ。 卒業後3年間の修行期間を経て、家業のメガネランドハラダへ。 愛称はとっさん。