老眼鏡(手元専用)でパソコン見てませんよね?近々メガネを知らないのは損しています。

今日もレンタルメガネで追加されるレンズ種類のお知らせです。

近々メガネとかパソコン用メガネとかデスクワーク用メガネとか、お店によって紹介方法はさまざまです。

今日ご紹介する種類のレンズはですね。
近々の距離が見えるレンズ(だいたい35~100cmの距離で対応します)
レンタルメガネで近々メガネとしてレンタルするレンズは35~70cmくらいまでかな

どうして30cmも差があるのか?・・・・あっ、そこ、気が付かれましたか!

近々タイプといっても種類がけっこうあるんですよ。
各メーカーいろいろ特徴をもたせて製造してる訳です。
距離が伸びたり、ピント合わせが楽なワイドタイプとかだったりすると販売価格も上がります。

という訳で、レンタルで組み込まれるレンズは、あくまでレンタル用なので、プロパー製品をどれでもという訳ではありません。

さて本題です。デスクトップパソコンの画面までの距離を思い浮かべてください。
もし、パソコンでブログをご覧になってたら、画面までの距離を一度計ってみてください。

どうですか?

 

40cmくらいの位置に画面ありますか?

キーボードの位置がそれくらいか、ちょっと手前くらいですよね。

一般的に老眼鏡(手元専用メガネ)は、40cm前後で度数を調整します。
ということは、画面の位置がそれよりも離れてたら、見えにくいし見ようとすると目に負担をかけることになります。
道具としては、あかーーーーーん。になる訳です。

 

そこで、見える範囲に幅のあるレンズが必要になってくるわけです。
35~80cmが見えたらどうですか?
パソコン画面までの距離カバーしていますよね。

 

発売されたのいつごろやろ?10年くらいは十分経過してるかと思います。
ん~ちょっと記憶にないくらい前になってくるので、正確には覚えてません(笑)

普及してそうでしてないのかもしれませんね。
眼鏡処方箋で近々レンズ、中近レンズ、アシストレンズの指定は見たことがない(当地域)
中近レンズは市外眼科の処方箋で数回ありましたけど、本当に少ないんですよね。めっちゃ便利なんですけどね。

店頭にはテンスレンズもありますので、体験が可能です。
レンタルメガネで借りて2ヶ月から体験することも可能です。

体験して良かったら、購入していただくことも可能です。

自分に合わせたメガネをレンタルして体験してみる新しい購入検討方法。
メガネランドハラダのレンタルメガネを是非ご活用いただいて、快適に見えるを手に入れてくださいね。

いよいよ明日11月1日から遠中近・中近・近々・アシストレンズのレンタルがスタートします。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

原田 敏和

メガネランドハラダ代表 シーンに合わせたメガネ選びアドバイザー 地元の北条高等学校卒業後、日本眼鏡技術専門学校へ。 卒業後3年間の修行期間を経て、家業のメガネランドハラダへ。 愛称はとっさん。