メガネの買い替え

我慢しようと思えば何気に我慢してしまえる道具のメガネ。

そろそろ買い換えたいなって思っても、けっこう後回しになる方が多いのでは?

例えば、そうですね・・・40代で手元が少し見えにくいなって思った事がある方なんかいい例じゃないしょうか。
見えにくいなって感じて、すぐに眼科なりメガネ屋に行かれましたか?

100人に聞いたら100人が行って無いって言いそうで怖いですが。
いよいよ不便にならなければ行かないと思うんですよね。

はい。ここで我慢してしまってる人が多いってなります。

ちょっと見えにくいと感じたら、すぐに眼科でもメガネ屋でもいいので相談に行くのが当然という風な生活なら話は別かもしれませんが、僕たちの頭にはそういう考えの人は少ないと思います。

なので、メガネの買い替えとなっても後回しになる道具だと思うんですよね。

我慢できない道具だったら、すぐにでも買い替えしてもらえるんだけどなぁ。
メガネユーザーさんであれば、毎日使う非常に重要なアイテムだと思うのです。
いま、自分にどんな道具が最適なのか知っておくだけでもいいと僕は思います。
いざ購入しようと思った時に、そんな道具あるならもっと早く相談に来ればよかったって言わなくて済むようにです。

手元のピントが合いにくくなってきてる自覚のあるメガネ屋が思った海の日の夕方でした。

The following two tabs change content below.

原田 敏和

メガネランドハラダ代表 シーンに合わせたメガネ選びアドバイザー 地元の北条高等学校卒業後、日本眼鏡技術専門学校へ。 卒業後3年間の修行期間を経て、家業のメガネランドハラダへ。 愛称はとっさん。