eryのソース

いろいろな営業マンと出会いがありますが、君はどういう風にしたいんだと聞いてみた

梅雨だけど真夏のような日差し、かと思えば急激な雨や雷。
朝、天気予報を見てたんですが、どうも金曜あたりから雨模様なので、ちょっと残念だなって思ってしまいました。
天気が良すぎてもお買い物より、遊びに行こうとお考えになると思いますが、悪天候過ぎる日に買い物にいくぞー!なんて考えないですからね。
朝、コーヒーを飲みながらそんな事を思った店長です。こんにちは。

僕は営業をされる側になる場合があります。
いつもと反対ですね。
いつもはBtoCなのですがBtoBになる事があるんです。

メーカーさん問屋さんの訪問営業を受ける場合がそうなんです。
いろいろな営業マンとの出会いがある訳ですが、最近は女性が活躍する会社も多々ありますね。

つい先日、担当営業が交代になり新しい担当になりました。
正直に言うと、頼りない感じの大人しそうな男の子ってかんじ。
僕よりも年齢は若いし、業界経験も違うし、関係性は全くないし、まぁ友達にもなりそうなタイプでもない。

さぁここから仕事での関係性を築いていかなければならない訳ですが、社会人として名刺交換からスタートしてます。
2回目の営業に来る時、こいつはどんな事をして訪問してくるか楽しみにしてた部分だったんですよね。

結論をいきなり言うと、はい。ズッコケました(笑)

ただ見せたいフレーム持って来ただけかよ。

もったいないなぁ~(これ正直な感想)

そう言えばと親父に聞いた事が頭を過りました。
営業マンを育ててやる(僕の場合、そこまで上から言えることはありませんけどね)
眼鏡修業時代の社長もそんな感じで接してる時を横で見てたなぁと。
そろそろ自分より若い担当営業を育てるような言葉をかけてあげる時が来たのかなってちょっと思った。

まだまだ自分もかわっていかなきゃいけないし、勉強や実践しないといけない事ばっかりですが、一緒になって学ばないかんということかなって。

いろいろなお店で名刺交換したのに、ただ交換しただけじゃ意味がない。
取引先の人間がどんな人なのか分かってるのと、全く分からないのとでは違いがでるよ。
名刺に書いてある事や情報の確認してみたのか?などなど

自分が言える範囲でいろいろ伝えてみました。
次回、訪問してくる時に僕が伝えた事を実践したのかどうか楽しみで仕方がありません。

しかし、どんな営業マンになりたいのって聞いて

『わかりません』

これはさすがにないわあああああああああああああああああ(笑)

嘘でもいいから適当に・・・・・(いや嘘はよくないな)

ある意味、正直なんでまぁええやん!

上司に怒られっぱなしで無理矢理の営業なんて楽しくないだろ?
これには素直にハイって言うてた。
僕も楽しい仕事の環境を目指してるから、この担当営業が自分の個性に気が付いて、僕にも楽しい影響を与えてくれるようになっら嬉しいなって思います。

The following two tabs change content below.
メガネランドハラダ
シーンに合わせたメガネ選びアドバイザーの三代目。ただメガネを売るのではなく、あなたの見えるは『くっきり見える』なのか、ただ見えると思ってるだけなのか、『くっきり見える』を理解していただきたいからメガネ屋をやってます。 説明は熱く分かりやすく、店主の体験談も踏まえて、ご理解いただけるまで何度でもご説明するのがコンセプトです。