eryのソース

ポールスミス メガネの鼻パッドについて

ポールスミスに採用されている鼻パッドは2種類あります。

昔からある代表的な『PSシリコンパッド

構造が二本の脚のようなので、二本だき足タイプとも言います。
その足をフレームに折りたたむようにかしてめ留めるので、かしめ式という表現でもいいかと思います。
メタル、セル、両方のタイプに採用されています。

 

セルフレームに採用されるようになった『PSニュクレルパッド

比較的新しいセルフレームに採用されている鼻パッド
差し込むだけですが、取り付けの際には硬くて差し込みにくい場合があるので注意が必要です

鼻パッドは消耗品です。
経年変化、劣化で変色したりひび割れおこしたり、金属部分が折れたりと、いろいろな事が起こります。

うちのブログでも検索でご覧になってる方が多いみたいなんで、パーツ破損や紛失で困ってるとか探してるとか、どうすればいいの?

だと思うんですよ。

基本的には購入したお店に行けば直ります。

部品交換してもらえばいいだけのことなので、非常に簡単です!

メガネ屋さんだったらパーツ在庫ある。ない。は別にして販売店なら取り寄せをして修理してくれると思います。

もちろん費用はかかると思いますよ。

鼻パッド無料がサービスというお店もありますが、僕はサービスじゃないと思うので、当店は有料で修理しています。

在庫も普通にしてますので、当店で販売してるフレームだったらご安心くださいね。

The following two tabs change content below.
メガネランドハラダ
シーンに合わせたメガネ選びアドバイザーの三代目。ただメガネを売るのではなく、あなたの見えるは『くっきり見える』なのか、ただ見えると思ってるだけなのか、『くっきり見える』を理解していただきたいからメガネ屋をやってます。 説明は熱く分かりやすく、店主の体験談も踏まえて、ご理解いただけるまで何度でもご説明するのがコンセプトです。
メガネランドハラダ

最新記事 by メガネランドハラダ (全て見る)