eryのソース

2017年6月

石川遼×SWANS 2017年LIMITEDOモデルいよいよ発売開始

スポーツサングラス, 気になるトレンド

 

いよいよ7月1日発売になります。
サングラスを購入検討中でなくても読んでもらえると嬉しいです。
見え方ってめちゃくちゃ重要だと思うんですね!メガネ屋だし!!
当然と言えば当然です。

皆さん、サングラスってカッコで選びますか?
カッコで選ぶのも、まぁ否定はしませんが、サングラスの機能(見え方)で選ぶ方が僕は良いと思います。

デザインも機能も両方だったらなおの事いい。

レンズの機能が大きな違いを呼びます。
通常のサングラスでは、路面の反射はとれません。

ゴルフ場での芝からの照り返し、グリーンのアンジュレーションなどを見やすくする機能があるレンズもあります。
眩しさを抑えるのもレンズの機能です。その他いろいろ。

そんな伝えたいサングラスレンズの機能が詰まったレンズが2組もついて、めっちゃお得に発売されることは声を大にして言いたいです。
眼鏡店、スポーツ店、ゴルフショップ等々のお店を含めて、販売本数も限定なうえ追加販売はありません。

そして、二組付属してるレンズは、自分でレンズ交換が女性でも簡単に取り換えできます。
なのに価格は、通常の偏光レンズ付きのサングラスよりも安いというね、メーカーさん値段設定間違えたん?と言いたいくらい。

発売日 2017年7月1日 
LI SIN-0051-17 MBK 本体価格 ¥18,000+税
フレーム:マットブラック
レンズ: シルバーミラー×アイスブルー( 可視光線透過率:28%)
スペアレンズ:偏光スモーク( 可視光線透過率:27%)
ロゴパーツ:スカイブルー
テンプルラバー:ブラック 

2017年 石川遼限定モデルとのことだけど、ファン向けという商品ではありませんので、誰でも気軽に使用できます。

限定商品ですので、お早めにお買い求めください。
ご予約の対応もお電話でお問合せからでも可能です。
取り置き期間は1週間ですので、ご検討よろしくお願いします。

メガネランドハラダ
0790-42-0471

『スワンズの限定品を予約お願いします』とお電話ください。

ポールスミス メガネの鼻パッドについて

メガネの修理

ポールスミスに採用されている鼻パッドは2種類あります。

昔からある代表的な『PSシリコンパッド

構造が二本の脚のようなので、二本だき足タイプとも言います。
その足をフレームに折りたたむようにかしてめ留めるので、かしめ式という表現でもいいかと思います。
メタル、セル、両方のタイプに採用されています。

 

セルフレームに採用されるようになった『PSニュクレルパッド

比較的新しいセルフレームに採用されている鼻パッド
差し込むだけですが、取り付けの際には硬くて差し込みにくい場合があるので注意が必要です

鼻パッドは消耗品です。
経年変化、劣化で変色したりひび割れおこしたり、金属部分が折れたりと、いろいろな事が起こります。

うちのブログでも検索でご覧になってる方が多いみたいなんで、パーツ破損や紛失で困ってるとか探してるとか、どうすればいいの?

だと思うんですよ。

基本的には購入したお店に行けば直ります。

部品交換してもらえばいいだけのことなので、非常に簡単です!

メガネ屋さんだったらパーツ在庫ある。ない。は別にして販売店なら取り寄せをして修理してくれると思います。

もちろん費用はかかると思いますよ。

鼻パッド無料がサービスというお店もありますが、僕はサービスじゃないと思うので、当店は有料で修理しています。

在庫も普通にしてますので、当店で販売してるフレームだったらご安心くださいね。

【tonysame:premium】出来る男はかけこなす!ブローバーの王様がマイナーチェンジ トニーセイムTS-10413

トニーセイム

店長も、そのうちかけてみたいと思うブローバーモデルのご紹介です。

tonysame collection-Eシリーズ

男性がかけると、キリっと目元を強調できて、仕事出来る大人の男って感じにしてくれます!
力強い印象を与えるので、『いかつい』『こわい』そんな表現をされる場合もありますね。

マイナスなイメージよりは、プラス側のイメージでとらえていただけると嬉しいです。

TS-10401TS-10402TS-10403TS-10404TS-10412

TS-10412をモデルにマイナーチェンジしたTS-10413として登場です。

 

気になるところはどこがかわったのかです。

ブローバーだからアピールできるポイントは数少ない。だけど、ほんのちょっとした事で表情をかえてしまう難しいデザインだと思います。
似たようなデザインは、価格帯も本当に幅広く発売されてるモデルでもあるので、一度くらいは店頭でかけてみた事がある方が多いのではないでしょうか。

まずは、TS10412のフロントを写真で見てくださいね。

チタンで、この重厚感は半端ないと思います。
写真では伝わり難いのが残念ですが、店頭でみていただきたい仕上がりは時間が経過しても変わりません!

続いて、TS-10413です。

店頭在庫での写真なので、フレームカラーが違いますがご了承ください。

フレームのブリッジ部分、赤丸でかこったところに違いがあるでしょ。
ここの部分を変更するだけでだいぶ、おかけになったイメージがね変わるんですよ!

ここの違いを体験するのは、ブログではなく店頭でお願いしますね。

それでも表現としては、どんな風になるのか簡単に書きます。

・男気度あいならTS-10412
・オシャレな男気TS-10413

店長のこの表現で伝わるのか分かりませんが、試してみたいと思ってもらえる方が一人でもいる事に期待したいと思います。

もし当店でなく、トニーセイム直営店へ行かれる方がありましたら、僕のブログ読んでTS-10413を見たいと言ってくださいね。

もちろんご近所や当店にご来店いただける場合は、店長目当てにご来店ください。

 

さてさて、製造工程で、また手間を増やしたデザインにしたトニーセイム。

おっと、まだこの先まで読んでいただけるあなた、だいぶ興味がでてしまわれましたか?

 

製造する方は、大変でしょうね。たぶん。
また、そんな事追加するの?って感じだと思う。
製造元は、技術があるからそりゃ答えてくれるでしょうけど、その分フレーム価格あがったのだろうと予想した店長でした。

気になるのは、フレーム価格ですよね。

実は、マイナーチェンジしましたが、価格はそのままでした!

正直、値上げしててもおかしくないのですが、フレーム価格は65,000円(税別)のまま

消費税込みだと70,200円(2017年6月現在)

レンズの種類にもよりますが、総額で9~11万円で一式を購入される方が多いです。(当店の場合)

出来る男がかけるために生まれてきたようなメガネフレーム

ちょっと言い過ぎ?否、実物を見たお客様は『違い』に気が付きます。

写真では伝わらないから、遠方からでもご来店になる理由です。

決して安い買い物ではありません。自分の顔の一部になるメガネです。
そして、自分が物を見る為に扱う道具だから、手に取ってご覧いただきたいのです。

店頭で接客できる日を楽しみにしていますので、お気軽にご来店ください。

お問合せへの返信で、送信出来ない場合があります。

店長の一人言

毎月同じお問合せをいただけるようになってきました。

商品お問合せについては、返信は必ずおこなっておりますが、お客様側でのエラーでメールが届かない場合があります。

メールが届かない場合は、基本的にお取引対応をとっておりません。

ご了承の程、宜しくお願いいたします。

メガネランドハラダ

店長の予定 2017年6月9日、10日編

店長の一人言

商工会議所青年部での活動が続いています。

明日、加西市で近畿ブロック春の会長会議が行われます。

これの準備とかで、青年部メンバーは大忙しの毎日。

9日から会場設営にかかる、10日は開催日、とまぁ朝から晩までってやつです。

という訳で、お店は営業しておりますが、店長時間帯によっては会場へ手伝いに行ってるかもしれません。

あっ、会場はラヴィかさいなんで直ぐにもどって来ますけどね。

少しだけお待ちいただく場合もあるかもです。

 

17時以降は会場から抜けるのが困難

9日は、1時間程閉店時間が早いです。
10日は、同様になると思われます。

二日間勝手しますが、ご了承ください。

古い投稿ページへ