eryのソース

メガネ・サングラスを車内に置きっぱなしにはご注意を!

真夏のメガネ・サングラス注意報

真夏に無人の車内はどうなるかご存知ですよね?
特にご注意いただきたい方はこんな人です。
メガネを運転の時しかかけない人は十分ご注意ください。

運転してる時は、クーラーがかかってると思うので、さほど問題はないのですが、1時間以上駐車してたらどうなるでしょうか?
車内の温度は54度くらいになると言われています。(白いボディーカラーの場合)
ダッシュボードの上は74度くらいに、という事はですよ!
人間で言えば熱中症危険レベル状態です。

そんな温度になってしまうのに、メガネやサングラスを放置してたらどうなるか?

レンズはプラスチックですよね。(ガラス製品もありますが)ほとんどがプラスチックです。
耐熱温度が高いレンズもありますが、90度とかあるのは加工してない場合だからです。
メガネはレンズを加工してフレームに組み合わせて、初めてメガネになるんです。
1回なら大丈夫だったかもしてませんが、日ごろ繰り返しているとこういう状態にまっしぐら!

『クラック』
熱でコーティングにひび割れのような白いキズ・汚れのような状態に

ph02_02

 

『カン』
さらにひどい状態はまっ白い帯状、雲のような状態に

ph02_03

 

カン以上にひどいとどうなるかと言えば、プラスチックでも割れてしまいます。
1回だけ車内放置でレンズが割れた事例がありました。

こうなったら修理は不可能です。
そうならない為には、真夏の車内にメガネ・サングラスは置かない事です。

使い捨ての感覚で、このようになれば買い替えるとお考えであれば、どんどん放置していただいてかまいません。
買い換え前提で放置する人いるんだろうか?(笑)

ということで、真夏の車内にはメガネ。サングラスは放置しない事が賢い選択という事、覚えておいてくださいね。

The following two tabs change content below.
メガネランドハラダ
シーンに合わせたメガネ選びアドバイザーの三代目。ただメガネを売るのではなく、あなたの見えるは『くっきり見える』なのか、ただ見えると思ってるだけなのか、『くっきり見える』を理解していただきたいからメガネ屋をやってます。 説明は熱く分かりやすく、店主の体験談も踏まえて、ご理解いただけるまで何度でもご説明するのがコンセプトです。
メガネランドハラダ

最新記事 by メガネランドハラダ (全て見る)