eryのソース

クラシックなメガネが欲しいけど、自分に似合うのか心配ですか?

お正月休みが終わったと思ったら、三連休という休み続きですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
えべっさんに行って来た~という方も多いのではないかと思います。
お正月から消費ばかりで懐がぁああなんて事になってませんか?

忘年会や新年会とまぁ続くとですねぁ財布が・・・・・と思うのは店長だけではないはず。

そんな時に買い物しようなんて気になかなかなりませんよね。

それでも、物欲というものはゼロにはならないのも事実。

最近、雑誌やテレビなのでクラシックなメガネを見て、かけてみたいと思った方いらっしゃいますよね?
でも実際にかけてみないと、似合うのか似合わないのか、かけこなせると思えるのか分かりません。
という訳でいきつけのメガネ屋さんで見て見ようっていうのが自然な流れかなって思います。

まず似合う!似合わないを考えるのはやめましょう。

クラシックなメガネをかけたいなら、似合うとか似合わないは考えない。

気に入ったメガネをどうかけこなすかを考えてください。

髪型、髪の色をかえる。
これが一番てっとりばやいかもしれないですね。

似合ってるから大丈夫と掛け続ける。
道具を自分の特徴にしてしまう。

どうしてもNGになるメガネのデザインもあります。
それは人それぞれ違う訳なので、その辺は店員さんに聞いてみてください。
なんでもかんでもお似合いです。なんて言う場合は、あなたが使うメガネなんてどうでもいいと思ってる訳です。

はっきり、それはやめておきましょうか!なんて言う店員さんとか良いと思いますよ(笑)

そんな似合う理屈は興味ない。自分の好きなメガネのデザインだったら、人の目なんて気にしない!
そういう方は、自分の道をどんどん行ってください。
それは、あなたにとっての似合う。あなたの個性は他人に邪魔されるものではないのですから。

とりあえず、クラシックなメガネに興味があれば、いきつけのメガネ屋さんでかけてみることです。
お店の人と話をしてみることです。それが一番の情報収集です。

あなたにとってお気に入りのクラシックメガネを見つけてくださいね。

The following two tabs change content below.
メガネランドハラダ
シーンに合わせたメガネ選びアドバイザーの三代目。ただメガネを売るのではなく、あなたの見えるは『くっきり見える』なのか、ただ見えると思ってるだけなのか、『くっきり見える』を理解していただきたいからメガネ屋をやってます。 説明は熱く分かりやすく、店主の体験談も踏まえて、ご理解いただけるまで何度でもご説明するのがコンセプトです。