eryのソース

まだまだ説明力が足りないなぁ~と実感させられる日々

暑くなってきましたね。
今年の夏は“暑い”みたいですよ!

こんにちは。シーンに合わせたメガネ選びアドバイザーの原田敏和です。
久しぶりに、このフレーズ入力でブログスタートです。

さて僕が仕事で説明をする場合は大きく分けて3つあります。

・ 視力測定での見え方
・ フレーム選び
・ レンズ選び

メガネ屋をしている僕の真理は、くっきり見えるを伝えたいということです。

人それぞれ見え方の満足度も違いますし、見えるという感覚も本当に違います。
くっきり見えてるとは、どういう状態なのかを認識いただけるように説明していかなければならないのですが。
まぁこれが非常に難しいわけです。

今、僕が行ってる説明では、理解できる人もいるけど、理解できない人も居ます。
これでは、やっぱりダメなんですよね。
すべての人が理解できる説明ができないと、伝える側からしたら力不足ってことです。
全員のお客様を満足させられるなんて事は言いません。出来るとも思ってませんから。
でも、一人でも多くのお客様に、くっきり見えるを理解してもらいたいとは思っています。

これを理解できるお客様だと、下手な視力測定してたり下手な説明だったら、不合格の烙印をポンと押されてしまいます。
この人には、見てもらいたくない。担当してもらいたくない。という事へ一直線ですよね。

今日の説明は伝わったかな?
もしかしたら、まだ分かってる側からの説明してたんじゃないかな。
もっと伝わる説明ができたんじゃないかな。と、そんな事を5月の最終日に改めて思いった一日です。

6月もまた、一生懸命僕の真理を伝えていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
メガネランドハラダ
シーンに合わせたメガネ選びアドバイザーの三代目。ただメガネを売るのではなく、あなたの見えるは『くっきり見える』なのか、ただ見えると思ってるだけなのか、『くっきり見える』を理解していただきたいからメガネ屋をやってます。 説明は熱く分かりやすく、店主の体験談も踏まえて、ご理解いただけるまで何度でもご説明するのがコンセプトです。
メガネランドハラダ

最新記事 by メガネランドハラダ (全て見る)