eryのソース

Facebookのカバー写真とプロフィール写真を変更

img_3076

カバー写真をこんな感じでつくりました。
ほんま誰やねんこれみたいなポーズしてます(笑)

加西市の栄光社さんで写してもらいました。

担当を宮本親子でしていただいたんですけど、社長が撮ってみたい写真があるんやとの一言で、あんな感じ、こんな感じ、言われるがままポーズをとってみる。
もちろんモデルじゃないし、写真に写るのも好きじゃない。どっちかというとカメラ向けられるとフリーズするタイプです。

それでも、商売やってると顔出してなんぼと思ってるので、こういうこともやらないとね。

img_3078

プロフィール写真もこんなかんじに仕上げてみました。

写真加工のアプリを使えば簡単に出来てしまいます。

えらい時代ですね。ほんと。

 

はっきり言って、僕がこんな風に写してほしいとは違っていました。
こういうのは全く予想にしてなかった写真がいっぱいです。

だけど、そうしてもらったことで、僕にはまた違った気づきにつながりました。
この写真どうすんだ?どう使うんだ?最初は戸惑いましたけど、今はこうしてみようがイメージできています。

ということは?
今までと同じような事じゃない新しい事がイメージできたってこと!
写真家としてのプロの仕事をしてもらったことで、素人の僕にも新しい発見とか体験ができた。
結果、次の行動が楽しくなるわけです。

 

うちの店でも同じだよなと改めて感じた。

普通にやってる事かもしれないけど、お客様からすれば普通じゃない訳で、すべての人が変わりたいと思う訳じゃないけど、そういう提案が欲しい人もいる。
情報として提案して店頭体験がある、ない、でも全く違う結果がでる場合もあると思う。

僕もお店で真似できることでもあるので、良いと思った体験はどんどん真似しようと思います。

楽しいに繋がること、嬉しいに繋がること、ここで購入して良かった、店長からメガネ買って良かった。
そう思っていただけたら、やっぱり嬉しいですよねお互いに!

といいう訳で、Facebookの写真を変更しました。

The following two tabs change content below.
メガネランドハラダ
シーンに合わせたメガネ選びアドバイザーの三代目。ただメガネを売るのではなく、あなたの見えるは『くっきり見える』なのか、ただ見えると思ってるだけなのか、『くっきり見える』を理解していただきたいからメガネ屋をやってます。 説明は熱く分かりやすく、店主の体験談も踏まえて、ご理解いただけるまで何度でもご説明するのがコンセプトです。
メガネランドハラダ

最新記事 by メガネランドハラダ (全て見る)