eryのソース

累進レンズの価格改定しました!さらに選びやすくなってます

2017年5月1日よりメガネランドハラダの累進レンズ価格改定しました。

累進レンズってなに?というかたへ

  • 遠中近レンズ
  • 中近レンズ(遠重視タイプ)
  • 中近レンズ(近重視タイプ)
  • 近々レンズ(ワイドタイプ含む)

※アシストレンズ(当店の呼び名)このタイプも一緒にしてしまいました。

当店の場合は、プロパー製品、セカンド製品ともに薄型、超薄型の価格は同じです。
プロパー製品(純正品)ここ重要です!ただ極薄型(1.74)製品は価格違うのでご了承ください。

プロパー製品のコーティングは、HOYA製品であればフル装備が標準です。
付加価値で追加料金はいただいておりません。標準装備ですから!
カラーレンズになる場合は、実費いただきますけどね。

ブルー光カットも選択自由です。

店長が使ってみた体験のメリット、デメリットを聞いていただくことで自由選択です。

追加料金ですか? 

プロパー製品に関しては追加料金なしでつけることが可能です。

 

セカンド製品の違い

レンズ基材(材料)そのものが違う。
付加価値の内容の違い。
価格が安価。
レンズの扱いやすさの違い(レンズ設計)
若干の制約があって製品になってる。

という事情から、プロパー製品と違いがあるのはご理解ください。
その分、値段は安価で販売できるようになっています。

どんどん新しくなるレンズ
お店側も覚えるのが大変なくらいのペースで変わってます。
プロパー製品は、お客様一人一人に合わせたオーダー(レンズ制作)になってきてるから、お店で体験(テスト)できないレンズも増えてきています。

毎日の事ですから、メガネやレンズ選びについては、店頭でじっくり知ってください。

The following two tabs change content below.
メガネランドハラダ
シーンに合わせたメガネ選びアドバイザーの三代目。ただメガネを売るのではなく、あなたの見えるは『くっきり見える』なのか、ただ見えると思ってるだけなのか、『くっきり見える』を理解していただきたいからメガネ屋をやってます。 説明は熱く分かりやすく、店主の体験談も踏まえて、ご理解いただけるまで何度でもご説明するのがコンセプトです。