ゲームでは体験できない事を体験させてきました【海上釣堀編】

子供の夏休み中に一緒になる最後の定休日(木曜日)に、ゲームでは何度も遊んでますがリアル体験に出掛けてきました。
それは『釣り』

ゲームセンターでは釣りアドベンチャーというのが人気のようですが、ゲームのようにいかないのがリアルだよを、分かってもらう為にと勝手な理由付けをいたしまして、子供連れで家島の海上釣堀水宝さんへ行ってきました。
朝一のモーニングラッシュに何匹釣れるかがある意味勝負所ですから、といっても子供には全く関係がなく。
ウキが沈んで竿がグググッと重くなる感覚にギャーギャーいいつつ、重い、リールがまわせない、竿がひきこまれる。などなど。
2本の竿を見るのは無理があって、1本は従業員のお兄ちゃんに手伝ってもらいながらのバトルでした。

初めは全くの興味もなく、無理矢理連れて行った感がアリアリだったのですが、おもろいもんはおもろいんです。
1時間もしたら、次いつ行くのとか、また行くときは着いて行くとまぁお気に入りになったもよう(笑)

ゲームでは体験できないリアルの魚を釣りあげる体験。
もちろんバラシまくってました。青物までフッキングできても結局ばらしてしまって残念。
いままで体験した事の無い事ばかりで非常に面白かったみたいです。

いつまで一緒に行くと言うかわかりませんが、イヤヤ言うまで連れて行こうと思います。

 

『子供でも感じた眩しさ対策』
僕はサングラスを持参していくので、釣り用に偏光サングラスを持ってます。
水面のギラギラ反射をカットして見やすく釣りが出来ます。

しかし、子供にはサングラスを用意してませんでした。
やっぱり眩しかったみたいです。夏という季節だったこともあり日差しの強さははんぱなく水面で反射してますからね。
子供用に次は用意して持って行こうと思います。
メガネ屋のとうちゃんここんとこは準備不足だったと反省です。

秋は大人だけでゆっくり行くとしようかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年8月28日 | カテゴリー : 店長の独り言 | 投稿者 : メガネランドハラダ